読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなうた。

日記です。

桐島部活やめるってよ、ネタバレ感想

まぁまぁ前の話題作を今日観ました。

 

ひさびさに面白い邦画みた!と思ったけどフィルマークスのレビュー見たら案外絶賛されてるわけでもなかった。

 

大勢見てる人居るからこうなるのかどうなのかは謎。

 

 

 

ガスヴァンサントのエレファントみたいに各々の視点を映してる作品で、わたしは非常に楽しめました。

 

スクールカーストあるあるも、めっちゃわかるわー、中学こんなんやったなーと思いながら見てました。女子ってわけわかんない。ほんとにそうです。

 

桐島と一番関係ないけど話の軸おる映画部がもう、おもしろくて。

 

まず体育が似合わない。

 

撮りたい映画がよりによってゾンビ映画だから絵的に既におもしろい。

 

あと女にモテない。

 

映画部の奴が、おっまた〜♫(お待たせしましたの意)とか言うシーンなんてすごいダサい。そしてわたしらイケてますよ自覚のある見た目の軽い女子に陰で笑われてるっていう。わかりすぎるこの空気感。

 

でもちゃんと自分の正義とか好きなものがあるから言う時は言える(そして言ってくれないと全体に意味がない映画)

 

撮りたい場所でちゃんと交渉するシーンなんて、いいなーと思いました。

 

 

 

この映画、バレー部のキャプテンでリーダー格でたぶん学校内でめっちゃイケてる位置におる桐島、が部活やめるってよ!と周りがめちゃくちゃ動揺する話やったんやけど

 

桐島出てこないんですね。

 

桐島の気持ちなんて親友ですら知らんし学校もこない。

 

ここをあえて空白にして描いてるっていうのが

 

ああ、オモロー

 

でした。

 

桐島なんてどーでもいいんですよ。

 

登場人物が、急にどうしたんだろう、なんて深く考えたり推理するような場面なんて一切ないし。みんな各々の心境。なんだかんだで自分に精一杯。

 

「あいつ部活やめるってよ」からの波紋、

 

動揺ゼロなのに余波で巻き込まれる映画部、ここからがもうクライマックスで

 

「お前らが大変だからって俺らの隕石蹴っ飛ばしてもいいのかよ!謝れ!」みたいなシーン

 

あーーーよく言ってくれましたっていう

 

終わり方もいい感じでしたね

 

 

楽しかったです。